マインドはちおうじ活動紹介

マインドはちおうじでは現在、4か所の通所施設と3か所のグループホーム(ケアホーム)、1か所の特定相談支援事業所を運営しています。手工芸、リサイクルショップ、パン製造、内職作業など施設ごとに特徴ある運営を行っています。また作業はなく誰でも利用できるフリースペースやこうしたサービスを利用されていない在宅の方々へのデイグループ活動など、「安心」「自信」「豊かさ」のある生活を目指して、関係する他の支援事業所、医療機関と連携しながら幅広く活動しています。

通所施設

日中の時間に通う場所です。幅広い年齢層の方が利用されており、作業、レクリエーションなどの活動をしており、生活リズムの安定や仲間作り、体力作り、就労へのステップアップなど様々な目的で利用されています。すべての施設に職員が配置されており、生活の相談や就労へ向けての準備など相談、同行などの支援を医療機関などとも連携をしながら行っています。

グループホーム・ケアホーム

入院先や家族同居から一人暮らしを目指している方で、いきなり単身生活は自信がない方などが利用します。実際に完全個室の部屋で生活をしながら一人暮らしへの経験を積んでいきます。日中、職員が勤務しており、金銭管理や生活全般の相談などあれば必要に応じて、医療機関などとも連携しながら行っています。

フリースペース

オープンスペース本郷町では誰でも集える憩いの場所としてフリースペースを運営しています。当事者スタッフもおり、季節の行事などもあります。作業がないため、まだ作業所などの利用に自信がない方、仲間とおしゃべりをしたい方など気軽に利用できます。

交流デイグループ

作業所やデイケアなどの通所サービスを利用されていない、なかなか家からの一歩を踏み出しづらい在宅の方を対象にデイグループを行っています。月に3回、公民館などを利用して、ゆったりした少人数でお菓子作りやおしゃべりなど行っています。
「お申込み・お問い合わせはオープンスペース本郷町(042-625-7317)まで」

他団体との連携

同じグループ組織であるNPO法人わかくさ福祉会と密に連携を図り協力しながら活動を展開しています。また八王子PSW研究会、八王子ホーム連絡会、八王子障害者団体連絡協議会、NPO法人八王子ワークセンターなど市内の団体とも連携、協力を図り、地域福祉の向上へ努めています。その他、東京都や全国団体などとも連携を図っています。

ページの先頭へ戻る